<< ピカソは、どこから絵を描くのか? | main | Think different >>

スポンサーサイト

  • 2009.01.11 Sunday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • ピカソの暗号方程式
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Think different

Steve Jobsのマーケティング・センスを学びたければ、

iMacのデビュー戦略

Think different キャンペーン

を研究するとよい。

パブロ・ピカソ


1997年。

Steve JobsのApple復帰第一戦。

iMacを鮮烈にデビューさせた時の
コンセプト。

 Think different


iMacのデザインは、
未来を予感させた。

時代の風雲児、革命児を
ポスターに起用した。

・アルバート・アインシュタイン(物理学者)
・ボブ・デュラン(音楽家)
・トーマス・エジソン(発明家)
・マーティン・ルーサー・キング(牧師)
・アメリア・エアハート(冒険家・飛行家)
・モハメッド・アリ(ボクサー)
・ジョン・レノン&ヨーコ・オノ(音楽家)
・ジム・ヘンソン(人形作り師)
・マリア・カラス(ソプラノ歌手)
・リチャード・ブランソン(バージン航空創設者)
・テッド・ターナー(CNN創設者)
・マハトマ・ガンジー(インド独立の父)
・フランク・ロイド・ライト(建築家)
・黒澤 明(映画監督)
・パブロ・ピカソ(画家)

世界中のMacファンが熱狂した。
iMacは爆発的に売れた。

5色のスケルトンiMacカラーは、
一大ムーブメントにもなった。

マリア・カラス


後日談ではあるが、
iMacはハード的には、実は革新的な技術イノベーションはなかったそうだ。

台所事情が苦しかったApple社CEOのSteveは、
開発費を削って、デザイン費・マーケティング費に
充当する道を選択した。

「形態(機能・スペック)」ではなく、
「意味(iMacのある生活)」でiMacを売った。

意味性マーケティング戦略だった。

未来的デザインで勝負するSteve Magic。

iPodの戦略も同様。

Steve Jobsは、
天才なのか、詐欺師なのか。

Steve Jobs

スポンサーサイト

  • 2009.01.11 Sunday
  • -

  • ピカソの暗号方程式
  • 20:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/10/14 8:46 PM

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
sponsored links
SELECTED ENTRIES
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM